母の日メッセージの例文!英語、フランス語、中国語の場合

日本をはじめ、アメリカやオーストラリア、ブラジルを含む26か国が毎年5月の第2日曜日を「母の日」と制定しています。

 

しかし、北ヨーロッパのノルウェーでは2月の第2日曜日、インドネシアでは12月22日が母の日と制定されています。

 

母の日はクリスマスとは違い、世界で共通というわけではないようです。では、世界各国で行われている母の日は、日本とどのように違うのでしょうか?

スポンサーリンク

世界の母の日の祝い方

世界地図

日本では、お母さんに日頃の感謝の気持ちを込めて母の日のシンボルであるカーネーションや手紙、メッセージカードなどを贈ります。

 

お隣の国・韓国では5月8日をお父さんとお母さんに感謝する日として「オボイナル(父母の日)」と制定しています。日本のように父の日と母の日を分けていません。韓国でもカーネーションを渡すそうですが、お金を贈り物として贈るのが一般的のようです。

 

日本と友好的な国・台湾では日本と同じく5月の第2日曜日を母の日としています。中国も日本同様、カーネーションを贈ります。しかし、その後家族で仲良く食事をします。国や地域によって祝い方や過ごし方はそれぞれのようです。

スポンサーリンク

母の日に英語やフランス語、中国語でメッセージカードを贈りたい!

外国人ファミリー

 

海外に留学したり旅行へ行った際、偶然出会った素敵な異性と情熱的な恋愛を繰り広げ、結婚する方も大勢います。

 

そんなとき、義母へ贈り物と共にメッセージカードを贈る場合、どのような言葉を送れば良いか悩むと思います。そこで、英語・フランス語・中国語でお母さんに贈るメッセージをご紹介します。

 

英語では、「Thank you always,mother!(お母さん、いつもありがとう)」が一般的です。「My Mam is special!(ママは最高)」や「Happy Mother’s Day!Whih Love and Prayers!(母の日おめでとう!感謝と愛を込めて)」なども良いかと思います。

 

フランス語でメッセージを贈る場合、「Mere heureuse jour!Avec Amour et Prieres!(母の日おめでとう。感謝と愛を込めて)」や「Mereheureuse jour et Bonheur toujours!(母の日おめでとう、いつまでも幸せに)」が良いでしょう。

 

中国語で感謝を伝えたい場合は「媽媽、平日總是非常謝謝您!請您一定要保重」とメッセージカードに記載すると喜ばれます。

 

他にもペルーでは母の日に「Feliz Dia de la Madre!(母の日おめでとう)」と言います。日本ではお母さんにありがとうと伝えるのが一般的ですが、国によっておめでとうと言います。

 

文化が違えどお母さんに感謝する気持ちは変わりません。国際結婚などをして、英語やフランス語、中国語などでお義母さんにメッセージを贈るときの参考になればと思います。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ