母の日の花の予算相場や選び方とは?

母の日の花の予想相場や選び方とは?

 

5月の第2日曜日は母の日ですが、皆さんはお母さんへの贈り物を決めましたか?

 

お母さんに贈るプレゼントってなかなか思いつかないことが多いですよね。炊事・洗濯・掃除と家のことを一手に引き受けているお母さんを毎日見ているにも関わらず、意外とお母さんのことを知らない方も多いはずです。

 

そういったときはお花を贈りましょう。母の日に花を贈られて喜ばれたというエピソードも数多く聞きます。

 

しかし、花といっても相場価格が分からないため、どのようなものを購入したらよいか分かりかねますよね。そこで、母の日ギフトに失敗しないお花選びをご紹介します。

スポンサーリンク

母の日に花を贈る際の予算相場とは?

カーネーション畑

 

母の日の贈り物で最大の悩みといえば金額です。カーネーション1本でおよそ300円しますから、50本購入するとなると15,000円ほどかかります。

 

ですが、50本もカーネーションを貰っても飾る場所が無ければ贈った意味がないですよね。そこで、母の日ギフトにかける皆さんの相場をご紹介します。

 

皆さんが母の日ギフトにかける平均金額は3,000円から5,000円の間だそうです。次いで2,000円から3,000円、社会人の方の中には5,000円から7,000円、10,000円以上という方もおられます。

 

これらを総合すると5,000円前後が母の日ギフトに最も適した金額となっています。

 

母の日に最適なフラワーギフトの種類♪

母の日カーネーション2

 

母の日に贈りたい花といえば、定番のカーネーションではないでしょうか。しかし、母の日が近くなると近くのお花屋さんや通信販売では売り切れの状態になっていることもしばしばあるようです。

 

もし、母の日にお花を贈りたい場合は事前に確認し、予約することをお勧めします。また、花束ですとご家庭によっては花瓶が無かったり、飾る場所に困ったりする可能性もあります。

 

もし花束を贈りたい場合は、ご自宅に花瓶があることを事前に確認し、なかった場合は花瓶をセットで贈るか鉢植え、プリザーブドフラワーを贈るのが良いでしょう。

スポンサーリンク

贈るならどんな花がお勧め?

フラワーアレンジメント

 

母の日に贈る花で一番人気のある品種がカーネーションですが、カーネーションの色によって意味があるのをご存知ですか?

 

カーネーションすべてに「穢れの無い深い愛情」という意味が込められています。しかし、黄色のカーネーションには「軽蔑」や「拒絶・拒否」といった意味が込められているため母の日に最適とは言えません。

 

母の日ギフトの鉢植えとして用いられるラン科の植物であるシンビジウムには「素朴」や「飾らない心」、「高貴な美人」という意味が込められています。

 

フラワーアレンジメントで使用されるバラには「愛」に関するのもが多く、カスミソウには「幸福」や「清らかな心」などといった意味が込められています。

 

スイーツや健康グッズなど近年ではバラエティ豊かな母の日ギフトが多く取り扱われています。ですが、母の日の贈り物に花を用意する方は今でも数多くおられます。

 

定番の花束やお世話がしやすい鉢植え、オシャレで可愛らしいプリザーブドフラワーなど様々なフラワーアレンジメントがありますので、花を贈る際は、お母さんの喜ぶ笑顔を思い浮かべながら、数ある花から1つを選び、メッセージカードと共に贈られてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ