うなぎと梅干しは食べ合わせが悪い?その理由は?

古くから夏負けを防ぐために、夏の土用の丑の日にはウナギを食べる風習が日本にはあります。昔から暑さの厳しい夏場に「う」の付く食べ物を口にすると夏負けを防ぐと言われており、中でもウナギは絶大な人気を誇ります。

しかし、ウナギは同じ「う」の付く食材である梅干しと共に摂取すると健康を害するという噂があり、現在でもその迷信を信じている方も少なくないのではないでしょうか。そこで梅干しは本当にウナギと相性が悪いのか調べてみました。その際、ウナギと梅干に関する意外な事実が判明したのです!

スポンサーリンク

ウナギと梅干の食べ合わせは本当に悪いの?

うなぎと梅干し

ウナギと梅干しの組み合わせが悪いと言われるようになったのは合食禁(がっしょくきん)という相性の悪い食べ物を同時に摂取すると消化不良を起こす危険性があるという食べ物に関する伝承の1つです。

合食禁とは、中国から伝わった本草学という薬物についての学問における薬物相互間作用に関する研究と陰陽五行に関する食材を当てはめて構成されているのですが、中には医学・科学的な根拠がない組み合わせも数多く存在します。

特にウナギと梅干の組み合わせは有名で、ウナギの脂と梅干しの酸味が刺激し合うことによって消化不良を起こすと言われていますが、医学・科学的な根拠は無く、むしろ梅干しの酸によってウナギの脂の消化をサポートしてくれるので、出来れば一緒に摂取した方が消化不良に合わずに済み、さらに味覚の面でもウナギと梅干しは相性が良いので積極的に摂取して頂きたい組み合わせの1つです。

しかし、胃腸の働きが弱っている方がウナギと梅干しを大量に摂取してしまうと、ウナギの脂と梅干しの酸によって稀に消化不良を引き起こす危険性があるのでご注意ください。

では、なぜこのような伝承が誕生したのでしょうか。その理由は定かではありませんが、一説によると高級魚であるウナギの食べ過ぎを防ぐためだったのではないかと言われています。

スポンサーリンク

ウナギと本当に相性の悪い食材とは!?

ウナギと本当に相性の悪い食材は、桃・スイカ・メロンです。なぜ、この3つの食材とウナギが相性悪いのでしょうか。

桃にも梅干し同様、有機酸が含有されています。しかし、桃に含有される有機酸には脂肪の吸収を阻害する効果があるため、脂がのったウナギと共に摂取してしまうと消化不良を引き起こし、下痢や嘔吐などの要因となります。

さらに疲労回復のために摂取したにも関わらず、ドッと疲れが出るので夏バテを解消する以前の問題となります。しかし、桃には腸内の環境を整えてお通じを改善させる効果や血圧やコレステロールを降下させる働きがあるため、生活習慣病を予防することが出来ます。

さらに桃にも梅干し同様、クエン酸が含有されているので、疲労物質である乳酸が筋肉に蓄積されるのを防ぐことができ、疲労回復効果が得られます。ですので、桃を食べる際はウナギ以外のものと一緒に摂取するようにしましょう。

桃と同様に危険視されているのがスイカやメロンです。スイカやメロンは天麩羅と共に摂取すると消化不良を起こすと言われています。その理由は油分が多く含まれる天麩羅は水分をたっぷり含むスイカやメロンと共に摂取してしまうと胃の中にある胃液が薄まってしまい、下痢や嘔吐などといった消化不良の症状が現れます。

特に胃弱体質の方や下痢気味の方は注意が必要です。ウナギは天麩羅同様、脂がたっぷり含まれている食材ですので、まさに水に油という言葉通りというわけです。

いかがでしたか?ウナギと梅干しが意外にも健康に良く、桃やスイカ、メロンは相性が悪いことが今回の調査で明らかになりました。

また、水分がたっぷり含まれるトマトやキュウリといった夏野菜はウナギと相性が良く、夏負けを予防するのに適していますので、積極的に摂取して頂きたいと思います。

他にもウナギと相性の良い食材にニンニクや生姜、味噌にネギなどが挙げられますので、ウナギの蒲焼きにお味噌汁や酢の物などを共に摂取すると相乗効果が得られ、より健康な身体を手に入れることが出来ます。今年の夏はウナギと共に相性の良い食材でもう1品追加してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ