赤ワイン、白ワインの健康に効果的な飲み方とは?

夏になると火照った身体と溜まった疲労感を癒すため社会人の皆様はキンキンに冷えたビールや日本酒などご自宅やビアガーデンなどで嗜む機会が増えるかと思います。

 

しかし、お酒にはビールや日本酒、リキュールなど数多くの種類が存在し、それぞれ飲みやすさや成分などが違います。そこで今回は、葡萄から造られる洋酒「ワイン」に関する健康かつ美容に効果的な飲み方をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ワインの赤と白では美容に関する効果は違うの?

赤ワイン白ワイン

 

皆さんは「肉料理には赤ワイン、魚料理には白ワイン」という言葉を耳にしたことはありませんか?実はこの言葉には少々誤りがあり、肉料理でも赤ワインと相性の悪いものはありますし、魚料理でも白ワインと相性の悪いものはあります。

 

また、料理同様にワインの種類によって得られる健康や美容効果も違います。では、代表的な赤ワインと白ワインに関する違いをご紹介します。

 

赤ワインには、たっぷりとポリフェノールが含まれています。赤ワインを飲用すると優れたアンチエイジング効果を得ることが出来ます。赤ワインの主な美容効果は生活習慣病や老化の予防をはじめ、お肌のハリ艶を保つ効果、脂肪の燃焼を促す作用が挙げられます。そのため、赤ワインを飲用すると、いつまでも若々しく健康的な身体を手に入れることが出来ます。

 

では白ワインにはどのような美容効果があるのでしょうか。白ワインを飲むとデトックス効果を得ることが出来ます。白ワインにはカリウムというミネラルがたっぷりと含まれており、このカリウムの働きによって体内から余分な水分などを体外へ排出させることが出来ます。

 

そのため、浮腫みを解消させる効果が得られます。白ワインの主な美容効果は体内に溜まった老廃物などを体外に排出させるデトックス作用や利尿効果に加え、骨の強化やお通じの改善などが挙げられます。

 

赤ワインと白ワインの健康維持に関する違いとは?

赤ワインと白ワインの美容に関する効果の違いをご紹介しましたが、結局どちらのが身体に良いのかと悩まれる方も多いと思います。

 

平たく言ってしまうと、赤ワインには優れた抗酸化作用のあるポリフェノールが豊富に含有されており、動脈硬化や血液中のコレステロールを降下させ、生活習慣病を予防することが出来ます。さらにガン細胞の増殖を抑え、知的精神的能力が失われる痴呆症の予防などに効果があります。

 

また、ポリフェノールにはお肌を健康的に保つ働きがあるので、老化防止にとても効果があります。そして、赤ワインにはストレス解消効果が備わっているので、ストレスを感じた際に飲用すると良いでしょう。

 

白ワインには、カリウムやカルシウムなどのミネラル類が豊富に含まれているので、骨が委縮し、脆くなってしまう骨粗鬆症の予防や体内に溜まった余分な水分や老廃物を体外に排出させる利尿作用、さらに大腸がんを防ぐ働きもあります。赤ワインよりも細菌の繁殖を抑制させる能力が高いので生の食材を食べる際に用いられることが多いです。

スポンサーリンク

赤ワインと白ワインの健康的な飲用方法とは?

どちらも優れた健康・美容効果を持つアルコール飲料ですが、赤ワインも白ワインも製造する過程において多量の防腐剤が使用されます。そのため、飲み過ぎてしまうと健康を害する危険性があります。

 

ワインを飲用する場合、1日にグラス2杯までを目安に飲むように心掛けましょう。また、赤ワインは白ワインと比べて不純物が多く含まれているため、血液中のセントロニンやヒスタミンの濃度が高くなり、二日酔いを引き起こしやすいと言われています。

 

もし、赤ワインのアンチエイジング効果や白ワインのエイジング効果を得たい場合は男性ならば1日に2杯、女性ならば1日1杯が最良だというアメリカの美容外科学会で発表されています。

 

1点赤ワインに関して注意がございます。赤ワインは歯に着色しやすい性質を持っているので、飲用する際は水を用意し、ワインと水を交互に飲用するようにしましょう。

 


赤ワインと白ワインの違いをご説明させて頂きましたが、ご理解頂けたでしょうか。赤ワインは抗酸化力が高く、白ワインはミネラル類の含有量が豊富なためご自身の得たい効果に合わせて飲用するのが1番です。ですが、何事も適量が大切ですので、飲み過ぎないようにご注意ください。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ