未開封や開封後の日本酒の賞味期限は?黄色くなっても大丈夫?

今まで日本酒といえば、おじさんの飲み物という印象だったのですが、最近では若い世代でも日本酒が飲まれるようになってきました。日本酒には様々な銘柄や種類があり、近年ではスパークリング日本酒など一風変わった日本酒も続々開発され発売されています。

 

しかし、日本酒はワインやウイスキーなどと違い、賞味期限があるのはご存知ですか?あまり知られていない日本酒の賞味期限をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

日本酒には賞味期限の記載がない!?

日本酒3

 

日本酒を嗜む方は既にご存知かと思いますが、日本酒には製造年月の記載はあっても、賞味期限の記載は一切されておりません。実は日本酒には製造年月の記載が義務付けられており、ラベルに分かりやすく表示されているのです。この製造年月はその日本酒が搾られた年月日を指しているのではなく、日本酒が瓶に詰められた年月日を表しています。

 

では、日本酒の賞味期限はいつ頃なのでしょうか。日本酒には吟醸や純米酒、本醸造酒などいくつか種類があります。そのため、日本酒の種類によって賞味期限が違います。その計算方法がございますので、ご紹介します。

 

  • 加熱処理が施されている日本酒は「製造年月+およそ1年」
  • 加熱処理が施されていない日本酒は冷蔵保存で「製造年月+およそ6か月から7か月」

 

加熱処理を施されていない日本酒というのは生酒や生貯蔵酒のことを指しており、こちらは通常の日本酒と違い、過熱殺菌処理を行っていないため、一般的な日本酒よりも賞味期限が短くなります。しかし、日本酒本来の風味や香りが楽しめるということで、人気の高いお酒です。

スポンサーリンク

日本酒の開封・未開封による違いとは?

日本酒4

 

日本酒を開封した場合、未開封の日本酒との賞味期限はどのくらい違うのでしょうか。

 

日本酒は空気や光、温度によって風味や香りが変化する飲み物です。そのため、日本酒を開封したら、数日以内に飲みほしてしまうのがお勧めです。もちろん、未開封だからといって光が当たる場所や温度の高い場所に保存しておくのは避けましょう。

 

日本酒は太陽光や蛍光灯などの明かりに弱い性質を持っています。特に太陽光には弱く、少量の紫外線を浴びただけで成分が変化し、異臭を放ちます。この異臭を日光臭と呼び、とても飲めたものではありません。

 

また、日本酒は高温の場所に弱く、夏場の室内や暖房の効いた室内では注意が必要です。気温の高い室内で保管された日本酒は老ね香(ひねか)と呼ばれる独特な臭気を発します。出来る限り低温の場所で保管することをオススメします。

 

もし、日本酒を開封してしまい、数日以内に飲み切ることが不可能だと感じたら、日本酒を用いた料理を作って消費させましょう。

 

日本酒がやや黄色味がかっている場合は飲んでも平気なのか

日本酒を冷暗室で管理しているにも関わらず、やや黄色味がかってきた場合、飲んでも平気なのか気になりますよね。

 

日本酒はとてもデリケートなお酒ですので、太陽光や蛍光灯などの紫外線や光、温度の変化によって日本酒に含有されている成分が変化します。

 

日本酒にはアミノ酸や糖類が含まれているため、熟成が進むと着色成分が出てきます。そのため、時間の経過によって日本酒が茶色みがかったり、黄色味がかったりします。熟成による色彩の変化は衛生上の問題はありませんので健康を害する心配はございません。

 

日本酒はアルコールですから腐るということはありませんが、空気に触れると急激に酸化が進むため、風味や香りが落ちてしまいます。しかし、アルコールが15%以上であっても生存可能な火落菌と呼ばれる乳酸菌が繁殖し出すと日本酒が白濁し香りが悪くなります。健康を害する危険性は少ないものの飲用は控えた方が良いでしょう。

 


 

日本酒を開封したら極力早めに飲みきることをオススメします。もし、賞味期限を過ぎてしまった日本酒がご自宅にある場合、加熱する料理などの隠し味として使用しましょう。その際金粉入りの日本酒は茶こしで濾してから使用し、白濁して香りが変化している日本酒は料理に用いることは控えましょう。

 

日本酒は飲むだけではなく、料理にも使えるため、日本酒を開封してもすぐに使い切ってしまうことも容易いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ