うなぎの栄養成分や疲労回復に効果がある理由は?

うなぎといえば、やはり夏ですよね!しかし、うなぎの旬は夏ではないことをご存知ですか?

 

うなぎが最も美味しい季節は夏ではなく冬だったのです。しかし、我々日本人はうなぎを夏に食べるものと記憶しているため、冬にうなぎを食べるという習慣があまりありません。では、なぜうなぎが夏に食べられるようになったのでしょうか。

スポンサーリンク

土用の丑の日とうなぎの関係とは?

うなぎ4

 

うなぎと聞くと「土用鰻」という印象が強いのではないでしょうか。土用とは、そもそも土旺用事を短縮させた言葉であり、立春・立夏・立秋・立冬を迎える前日からおよそ18日間を指しています。

 

奈良時代の歌人である大伴家持(おおとものやかもち)が万葉集の中で「石麻呂に 吾れもの申す 夏痩せに よしといふものぞ 鰻とり食せ」という歌を詠っています。

 

これは石麻呂という権力を持つご老人がたいへん痩せていたため、夏にうなぎでも食べてみたらいかがかと勧めているという歌です。奈良時代には既にうなぎは夏に食べられていたということです。では、うなぎにはいったいどれほど優れた栄養素が含まれているのでしょうか。

 

うなぎの栄養素とは?

うなぎは古来より薬効のある食材としてたいへん重宝されてきました。このことは万葉集にも描かれており、その優れた栄養成分で日本人の健康を守ってきたのです。では、うなぎにはどのような栄養成分が含まれているのでしょうか。

 

うなぎには、ビタミンAが豊富に含有されており、その含有量は成人が1日で摂取しなければならないビタミンAの摂取量のおよそ3倍といわれています。また、良質なたんぱく質や脂質、ビタミンB群やビタミンD、ビタミンEなども含有されており、さらに鉄分やカルシウムなどといったミネラル類も含んでいます。

 

うなぎには認知症やアルツハイマーに効果があると言われるエイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)が含まれています。

 

うなぎの皮にはヌルヌルとしたムコ多糖類で出来ており、胃腸の粘膜を保護する効果があります。特に胃腸に負担がかかる夏場には積極的に摂取して頂きたい栄養素です。

スポンサーリンク

うなぎが疲労回復に効果がある理由とは?

うなぎ5

 

うなぎを食べると夏バテしないと云いますが、これにはきちんとした理由があります。その理由とは、うなぎに含まれているビタミン類やミネラル類が私たち人間の疲労を取り除いてくれるからです。

 

うなぎに含有されているビタミンB群ですが、ビタミンB1には血流の流れをスムーズにする作用や筋肉を強化する効果、不眠症や精神の不安定を改善させる効果などがあり、ビタミンB2には肉体疲労や肥満防止などといった疲労回復効果が得られます。

 

ビタミンEには生活習慣病や老化の要因となる活性酸素を取り除く強い抗酸化効果があり、疲労を回復させる働きがあります。また、鉄分は女性の方に多くみられる鉄欠乏性貧血による慢性的な疲労感を回復させる効果があります。

 


 

うなぎには優れた疲労を回復させる優れた栄養素がたっぷりつまった食材だということがお分かり頂けたでしょうか。昔から夏には「う」の付く食べ物を冬には「ん」の付く食べ物を食べると良いと言われています。

 

しかし、現在うなぎは絶滅危惧種に指定されており、易々と食べることが出来なくなってきました。いつ食べられなくなるか分からないうなぎですが、2015年は通常通り食べられるそうなので、是非今年の土用の丑の日にうなぎを食べて精を付けて夏を乗り切りましょう!

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ