お中元の時期は北海道や東北、関東、関西など地方によって違う?

日頃お世話になっている方へ贈るお中元をそろそろ購入なさる方々も多いのではないでしょうか。デパートでは早いところでは5月下旬からお中元の取り扱いが始まります。

 

お中元の中元とは本来贖罪の日であり、己の罪を償うためにお焚き上げを行い、神様に祈る行事でした。それがいつしかお世話になっている人物への感謝を表すものへと変化したのです。

 

お中元を贈る時期は旧暦の7月15日が原則となっており、新暦では7月下旬から9月上旬となります。しかし、お中元の時期は地方によって異なります。では、日本列島のお中元の時期はどのようになっているのでしょうか?

スポンサーリンク

北海道・東北のお中元時期

北海道東北

 

北海道のお中元時期は本来旧盆にあたる7月15日から8月15日でした。しかし、北海道以外の県や都からお中元が届くのが7月上旬のため、道内でのお中元も7月上旬に届けられるようになっていると言います。

 

東北地方では、関東地方同様7月1日から7月15日となっています。

 

関東・北陸地方のお中元時期

関東北陸地方

 

関東地方のお中元は本来7月1日から7月15日でしたが、近年では東京都を中心に6月20日以降にお中元が届くようになっています。しかし、関東地方のお中元は年々早まっている傾向にあるようです。

 

北陸地方では、地域によって7月組と8月組に分かれています。石川県の金沢市などをはじめとする都市部では7月1日から7月15日が主流ですが、石川県の北部にある能登などでは7月15日から8月15日が一般的となっています。もし北陸地方にお住いの方にお中元を贈るのでしたら、7月15日前後に届くようにすると良いでしょう。

スポンサーリンク

東海・近畿・関西地方のお中元時期

中部近畿地方

 

東海地方では、愛知県の名古屋市や静岡県全般のお中元時期は7月15日から8月15日が一般的です。しかし、関東地方同様、年々早まっており、現在では7月中旬頃までに届くのが主流となっています。

 

近畿・関西地方では、元々7月15日から8月15日が一般的だったのですが、関東や東海地方同様7月中旬までに届くのが好まれる傾向にあります。京都府や大阪府内にお住いの場合でも7月1日からお中元が届くようになっており、現在では8月に入る前にはお中元のシーズンが終わっているそうです。

 

中国・四国・九州地方のお中元時期

四国九州地方

 

中国地方では関西地方の影響が色濃く反映されており、7月15日から8月15日だったのが、広島県を中心に年々早まっているそうです。四国地方でも同様に高知県を中心に年々お中元の時期が早待っている傾向にあります。

 

九州地方では、元々8月1日から8月15日が一般的だったのですが、現在ではやや早めの7月15日から8月15日が一般的のようです。

 

もしお中元の時期を過ぎてしまったら…?

北海道、東海、近畿、関西、中国、四国、九州の各地方では、お中元が8月15日以降に届くことになってしまう場合、8月末日までに届くようにし、「残暑御見舞」として先方へ届けましょう。

 

東北・関東・北陸地方では、8月7日頃に届くようならば「暑中御見舞」や「暑中御伺」として贈るのが一般的です。もし8月7日に間に合わない場合は8月末日までに届くようにし、「残暑御見舞」として先方へ届けましょう。

 

お中元は必ずしも贈る必要はありません。もし、時期が分からず贈るのを躊躇っているのであれば、年末のお歳暮を贈ると良いでしょう。お中元は1年の折り返し地点として半年間の感謝を表すものです。もし、贈り忘れても問題ありませんので、自信がない場合はお歳暮を贈ることをオススメします。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ