お中元の渡し方やマナー、挨拶状の書き方は?

1年の節目、お世話になった人に感謝の気持ちを込めて贈り物をするのがお中元です。仕事の取引先など仕事関係の方に贈る人も多いでしょう。毎年やってくる行事なので、しっかりとマナーは抑えておきたいですよね。

 

今回はお中元の渡し方やマナー、また挨拶状の書き方についてまとめました。

スポンサーリンク

お中元とは?

お中元は、道教に由来する行事です。

 

日本では一般的に7月15日から8月15日ごろに、お世話になった人に感謝の気持ちを伝える贈り物をするのが風習になっています。

 

贈る相手に決まりはありませんが、離れて暮らしている親戚、仕事の上司や取引先に贈る方が多いでしょう。

スポンサーリンク

お中元の渡し方・マナー

お中元の渡し方

贈り物選び

お中元の相場は、一般的に3000円~5000円と言われています。

 

特別にお世話になった方などでしたら5000円~10000円ほどの物を贈る方もいますが、あまり高すぎても相手の
負担になってしまうので気を付けましょう。

 

贈る時期

関東では7月上旬~7月15日、関西では7月下旬~8月15日に贈るのが主流です。もし時期を逃してしまったら、「暑中お見舞い」「残暑お見舞い」として贈っても同じ意味を持ちます。

 

お中元の渡し方

本来ならば相手のお宅に持参して渡すのが礼儀ですが、最近はデパートやネットショップから送ってもらう方も多くなっています。

 

<持参する場合>

事前に電話で訪問する旨を伝えます。訪問する時間帯は、早朝や夕方から夜にかけてなど食事時は避けましょう。

 

<郵送で送る場合>

お店から送ってもらう場合は「送り状」を出し、お中元が届くよりも先に「送り状」が届くようにしましょう。「送り状」には、日頃の感謝の気持ちや、お中元を送ったことを書きます。お中元が届くことを事前に相手に伝えるのが大切です。

 

挨拶状の書き方

お礼状を書く2

 

「挨拶状」は直接渡す場合は品物に同封しても良いですし、郵送の場合は「送り状」が同じ意味を持ちます。

 

①日頃の感謝の気持ちと「いかがお過ごしですか」と言う季節の挨拶。
②お中元に贈った品物について。

 

この2つが相手に伝わるように書き添えて送ります。

 

例文

暑中お見舞い申し上げます。

暑さ厳しき折ですが、ΟΟ様におかれましてはますますご健勝のことと存じます。

平素は、格別のお引き立てを賜わり厚くお礼申し上げます。

日頃の感謝の気持ちを表したく、心ばかりの品を別送でいたしました。

お気に召していただければ幸いです。

今後とも、ご支援賜りますようお願い申し上げます。

まずは、暑中のお見舞いまで 。


親戚や仕事関係など、お世話になった方に感謝の気持ちを贈るのがお中元です。相手のことを思いやる気持ちも大切ですが、マナーもとても大切です。

 

贈る側も、贈られた側も気持ちよくなるような贈り物をしたいですね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ