お中元を渡す時期は6月では早い?いつまでに渡せばいい?

日頃お世話になっている人に、感謝の気持ちを贈るお中元ですが、どの時期に贈るのが正しいのでしょうか。せっかく贈ったのに、相手が負担に感じたり、礼儀がないと思われてしまったら残念ですよね。

 

今回はお中元を贈る時期についてまとめました。

スポンサーリンク

お中元とは

お中元とは道教に由来する行事で、1年の節目にお世話になった人に感謝の気持ちを込めて贈り物をする習慣です。

 

また、「いかがお過ごしでしょうか?」という季節のあいさつや、「これからもよろしくお願いします。」という意味も含まれています。

 

年の暮れに贈る「お歳暮」は、時期が違うだけでほぼ同じ意味として使われています。

スポンサーリンク

お中元を渡す時期

日本全国

 

お中元を渡す時期は地域によって異なります。

 

関東では7月上旬~7月15日までに、関西でしたらお盆が8月に行われるため7月中旬~8月15日までに贈るのが一般的です。

 

最近では6月には準備をする方も増えているようですが、全国的に7月中旬に贈る方が多いでしょう。時期に迷うことがあれば、関東と関西に時期が被る7月中旬に贈るのがオススメですよ。

 

半月ほど時期がずれるので、関東の方が関西に、関西の方が関東に贈る際は時期を気を付けましょう。

 

もし遅れてしまったら

残暑見舞い

 

もし贈る時期を逃してしまっても、8月7日(立秋)までは「暑中お見舞い」8月16日~9月上旬までは「残暑お見舞い」と名前を変えて贈ることができます。

 

のしの表書きをしっかり確認しておきましょう。

 

確実に受け取ってもらえるか

お中元は贈る時期も大切ですが、贈り物選びも大切です。

 

見落としがちですが、お菓子など食品を贈る際は賞味期限にも気を付けましょう。せっかく時期を考えて贈り物をしても、長期で家を空けていて受け取ってもらえず賞味期限を過ぎてしまうなんて残念ですよね。

 

  • 生鮮食品を贈る場合は、事前に挨拶状などで知らせておく。
  • 賞味期限など、期限が限定される物を贈らない。

 

この2つも気を付けるポイントです。

 

お中元を頂いたら

お中元は基本的にお返しは必要ありません。ですが、お礼状はしっかり出しましょう。

 

親しい間柄でしたら、電話でお礼の気持ちを伝えてもいいですが、その場合もお礼状を出すのがマナーです。

 

お中元は、お世話になった人に日頃の感謝の気持ちを伝える大切な機会です。

 

これからも付き合っていく人に贈るものなので、贈る時期も考え、相手のことを思い贈り物ができるといいですね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ