父の日の食事メニューおすすめランキング

6月の第3日曜日は父の日です。お父さんは、毎日朝早くから出勤し、夜遅くに帰宅するため、あまり顔を合わす機会がありません。

 

そんなお父さんのために心のこもった温かい手作り料理を贈るのはいかがでしょうか?もちろん、料理な苦手な方は家族で食事に行くのも良いと思います。

 

そこで、父の日に喜ばれる食事メニューおすすめランキングをご紹介します。

スポンサーリンク

5位 およそ5日間の保存が利くお酒のおつまみに最適な「牛スジ煮込み」

牛すじ煮込み

 

お酒を嗜むお父さんへの手作り食事で人気の高いのが、長期保存が利くおつまみです。中でも日本酒やビールなどと相性の良い牛スジ煮込みは冷凍保存でおよそ14日間、冷蔵保存で最大5日間保存することが可能です。

 

仕込みに若干手間が掛かりますが、溶けるような舌触りが堪りません。残った牛スジ煮込みを様々な料理にアレンジすることも可能なので、飽きることなく最後まで美味しく召し上がれます。

 

4位 お茶漬けや白米、おにぎりなどご飯のお供に最適な「ふりかけ」

ふりかけ

 

帰りが遅く、疲労が溜まったお父さんはあまり食欲が湧かないという場合もあります。しかし、食べなければいずれ倒れてしまうため無理にでもお腹に入れようとするお父さんも少なくありません。

 

そういったときに無理なく食べられる食事がお茶漬けやおにぎりといった簡単な料理です。お疲れのお父さんへの贈り物として手作りのふりかけを贈るのはいかがでしょうか。

 

バリエーション豊かなふりかけは栄養バランスを考えて作ることによって不足しがちなビタミンやミネラルを体内に摂取することが出来ます。長期間の保存も可能なうえ、料理が苦手な方でも簡単に作ることが出来ます。

スポンサーリンク

3位 国産うなぎを使用した「うな重」

うなぎ

 

近年うなぎの稚魚漁獲量が低迷しているなか、2014年は16トンと近年稀に見る10トンオーバーという漁獲量であったため、2015年は安定してうなぎが食べられるそうです。

 

しかし、ニホンウナギは2013年に近い未来絶滅する可能性があると言われ、レッドリストに指定されてしまいました。そのため、今後は第二のニホンウナギと呼ばれるうなぎが市場に出回ることとなります。

 

いずれ食べられなくなってしまう可能性が高い国産うなぎをこの機会に味わってみるのもいいかと思います。

 

うなぎには疲労回復効果があるため、長年の疲労を少しでも取り除いてあげることが出来れば、きっとお父さんも明日からバリバリ働けるようになるでしょう。

 

2位 スイーツ好きなお父さんにオススメの「ゴマプリン」

黒ゴマプリン

 

最近ではケーキやパフェなど甘いスイーツが好きな男性も増加傾向にあります。それは若い世代だけではなく団塊世代と呼ばれる方々も同様です。

 

スイーツは心身の疲れを取り除き、うつ病を抑制させる働きがあります。スイーツに含まれている糖分は、体内に摂取されるとブドウ糖と果糖に分解されます。

 

ブドウ糖は人間にとって必要不可欠な栄養成分の1つです。もしブドウ糖が不足してしまうと、身体を構成している細胞に十分なブドウ糖が供給されず、ストレスをより感じるようになってしまいます。特に脳はブドウ糖を大量に必要とするため、ブドウ糖が不足すると脳の働きが悪くなります。

 

摂り過ぎると太ってしまったり別の病を誘発してしまうため大変危険ですが、砂糖を使用せず、練乳で甘みを演出したミルク風味のゴマプリンがお勧めです。

 

1位 海鮮やおでん、しゃぶしゃぶにすき焼き幅広いジャンルを持つ「鍋料理」

すき焼き

 

朝は早く出勤し、夜遅くに帰宅するお父さんは家族と距離のある存在になっています。それはお父さんも感じているようで、父の日はその距離感を埋めるチャンスだと考えている方も多いと言います。

 

しかし、父の日のある6月は既に温かく、鍋を囲むという概念はありません。しかし、この季節だからこそ味わえる海鮮類も豊富に存在します。

 

旬の魚貝類と夏野菜の1つであるトマトを使った海鮮トマト鍋やレタスのごま豆乳鍋、夏野菜のしゃぶしゃぶなどは6月でも楽しめる鍋料理となっています。

 

鍋は栄養バランスに優れた料理の1つですので、この機会にお酒を酌み交わしながらお父さんとの仲を深めてみませんか。

 

今回は5品ご紹介させて頂きましたが、他にも新鮮なお刺身の盛り合わせや家庭によって味が違うカレーライスなどもお父さんに好まれる料理の1つです。

 

また、家族でバーベキューを行うのも普段とは違った一面も見られるため、より絆を深めることが出来るでしょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ