プリザーブドフラワーのブーケやリースの作り方は?

母の日の贈り物にカーネーションの花束や綺麗にラッピングされた鉢植えを贈る方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか?

 

しかし、花束は数日で枯れてしまいますし、鉢植えは場所が無ければ植え替えすることが出来ません。しかし、プリザーブドフラワーならば、手入れを怠らなければ最大で10年以上日持ちさせることが出来るうえ、プリザーブドフラワー手作りキット専門店でオリジナルのブーケやリースを作ることが出来ます。

 

そこで、5月の第2日曜日まで時間がありますので、この機会に手作りブーケやリースをプリザーブドフラワーで母の日ギフトを作成してみませんか?

スポンサーリンク

プリザーブドフラワーでリース作り♪

プリザーブドフラワーリース

 

リースはインテリアとして人気があり、壁にかけるものなので、余計なスペースも取りません。最も母の日ギフトとしてオススメ出来る手作りアイテムと言えます。

 

今回はプリザーブドフラワー手作りキット専門店として有名な「ianian」で販売されている手作りブーケセットをご紹介します。

 

Ianianでは、5種類のリースキットを販売しており、価格も5,000円前後となっています。作成時間も記載されておりますので、お忙しい方は1時間ほどで作成出来るピンクと白のフェミニンなプレヴナンスや白と淡いグリーンのカントリー風なプレヴナンスが良いでしょう。

 

カーネーションではありませんが、赤いバラを基調としたエマというリースや穢れの無い無垢な白を基調としたネジュもオススメです。

 

リースには幸せを運ぶという意味を持つ縁起の良いインテリアですので、母の日に最適な贈り物ではないでしょうか。

スポンサーリンク

プリザーブドフラワーで美しい花束を手作り♪

プリザーブドフラワーブーケ

 

花束のような豪華で上品なブーケを母の日に贈るのもオススメです。価格は一番安いもので18,600円、最も高いもので39,800円と幅広い価格帯となっています。

 

11種類ありますので、その中からご自身が直感でお母さんに贈りたいと思ったものを購入するこが良いでしょう。

 

作成時間はリースのおよそ2倍となっているので、ゆっくり時間が取れる休日に作成するのをお勧めします。

 

鞠のように丸くて可愛らしいポールブーケやピンクや赤、白の花がハート型にアレンジされたブーケ ハートラウンド、パステル調のボールブーケなどがオススメです。

スポンサーリンク

プリザーブドフラワーで近代的な和を感じさせる「和モダン」もオススメです♪

プリザーブドフラワー和モダン

 

ブーケやリースも良いですが、日本家屋に向いているインテリアとしては若干浮いてしまう可能性があります。そこで、趣のある落ち着いたプリザーブドフラワーを母の日に贈るのはいかがでしょうか。

 

苔玉にちょこんと可愛らしい黄色の花と青々とした緑が映える「ムスバル」や鮮やかなちりめんの花器に詰められた淡い草花の「寿ぎ」母の日に贈ると喜ばれる桜のような淡い桃色をした大きなシンビジウムが印象的な「ラヴィ」などがお勧めです。和室洋室どちらにも合う「双輪」も良いでしょう。

 

プリザーブドフラワー手作りキット専門店の「ianian」では、リースやブーケ以外にもリングピローやウエルカムボードなど様々な手作りキットが販売されているので、ご自身のお財布や時間と相談していろいろ検索してみるのが良いでしょう。

 

また、写真付で丁寧に作り方が記載されているマニュアルも同梱されているので、初心者でも簡単に作ることが出来ます。

 

しかし、グルーガンやハサミといったプリザーブドフラワーアレンジに必要なものは個人で用意する必要があるので、事前に購入しておきましょう。

→プリザーブドフラワー手作りセット専門店「ianian」の通販サイトはこちら

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ